鹿児島大学地域防災教育研究センター(Research and Education Center for Natural Hazards)

設置目的|鹿児島大学地域防災教育研究センター

設置目的

 南九州から南西諸島にかけては、豪雨、台風、火山噴火、地震などの自然現象がたびたび起こり、風水害、土砂・地盤災害、火山災害、地震災害、津波災害などの自然災害を誘発し、人々の命やくらしを脅かしています。また、鹿児島県には原子力発電所が立地し、放射線災害の発生も想定されています。災害は人々の営みの変化に連れ、時代とともに変遷し、大規模化・複合化しています。こうした事態に対応できる地域防災体制の確立と、それを支える総合的防災教育研究の推進が喫緊の課題となっています。

 鹿児島大学地域防災教育研究センターは、南九州から南西諸島における災害の防止と軽減を図るため、以下の課題に地域と連携して取り組み、地域防災力の向上に努めています。

  • 学際的かつ専門的な調査研究を通じた災害実態の把握、災害のしくみ、原因の解明
  • 最新の知見を取り入れた本学および地域における防災教育の推進
  • 災害の予防、警戒避難対応、応急対応、災害復旧・復興などの地域防災に係る課題の解決

鹿児島大学地域防災教育研究センター

画像を拡大[+]

鹿児島県防災ハザードマップ

Contents

防災教育(education)
刊行物・発表資料(document)
メディア情報(media)
イベント情報 シンポジウムなど(event)

関連リンク